FC2ブログ

シュプールダイビングクラブのブログ

開催させて頂いたダイビングツアーのログを書いていきます

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年07月23(土) 初島 日帰りツアー

2週連続の初島。
sunaltupu0005_20160723_hatusima.jpg
やぐら2.5」は、是非、シュプールで^。^
sunaltupu0002_20160723_hatusima.jpg
これまで野生の感(古いですカッ:野生の証明ママ~ド~ユ~リ~メンバー。。。)
で行ってましたが、
sunaltupu0001_20160723_hatusima.jpg
な~んだ、ガイドロープがあるんですね(冗談ですよ冗談)
sunaltupu0003_20160723_hatusima.jpg
「やぐら2.5」この日は、我々しか入ってませんでしたね。
気持ち良かったなぁ~、透明度は20Mは抜けてましたよ。
写真はちょい緑ですけど、現場はいい感じのブルーでした。
sunaltupu0004_20160723_hatusima.jpg
やぐらの先に、小さな沈船もあります。

軽く営業を。。。
やぐら2.5は、ふたつのスタイルで潜れます。


1, ビーチから入って、ビーチからエキジットするパターン

2, エントリーは船でやぐらの真上まで行ってロープ潜降して、
エキジットはビーチからエキジットするハーフボートのパターンです。


1 は、
往復でざっくり300メートル位泳げる泳力が必要なのと、
タンク1本で帰って来られる効率的なエア消費が出来る方で
なければ潜れません。
で、現地サービスが設定した条件が
経験本数100以上のアドバンスダイバー以上で、
5ヶ月以上ブランクが無いダイバーとなっています。

2 は、
船のおかげで泳ぐのは半分で良いので、
現地サービスが設定した条件が、
経験本数50本以上のアドバンスダイバー以上で、
5ヶ月以上ブランクが無いダイバーとなっています。

どちらも、フロートの携帯が義務付けられています。
万が一、浮上してしまった場合、すぐ近くがフェリーの航路だからです。
あと、午前中しか潜れません。


ベテランダイバーさんにとっては、
ビーチエントリーでも たいした距離でもなく、
のんびり泳いで、回って、気持ちいいぞ〜ってな感じですが、
そうではない皆様。。。
中性浮力は、かりそめ(のスイング:甲斐バンド)、
エア消費は,潜降しただけで何故かいつも50も減っちゃうし、
ちょっと泳いだだけでも足がつる方は、
お金の力を使ってハーフボートにしてくださいね^。^


水深ー13メートルまでの水温は25度前後もあり、
その下が19度なので、生暖かく感じる程でした。
こんな感じになってくると、
伊豆の地魚達が産卵行動をはじめます。
sunaltupu0006_20160723_hatusima.jpg
このサカタザメも、あちらこちらに居ましたね。
普段は警戒心が強く、すぐ逃げてしまいますが、この日は全然、動きません。
今にもお腹からミニチュアサカタザメがポコポコ出てきそうな雰囲気でしたよ。
ベラ達は塊になって、中層で、放精&放卵を繰り返してましたね。


ベテランさんオンリーのツアーでしたので、
サクサク潜って、17時頃には横浜に戻ってきましたよ。
初島の海、いい海になってきてます。おすすめです。
sunaltupu0007_20160723_hatusima.jpg
いつもありがとうございます。
スポンサーサイト



| ツアーログ | 04:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT