FC2ブログ

シュプールダイビングクラブのブログ

開催させて頂いたダイビングツアーのログを書いていきます

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2011.08.28(日)までのツアーログ、まとめてアップ さぼっていて すんまそん

08月28(日)は急遽、田子ツアーを開催させて頂けるようになりましたスナップ:2011年08月28(日)田子ツアー
普段、暇なサービスが、この日は、台風のうねりを避けてきたショップで、大混雑でした。
一本目は、外海の「フトネ」を潜りました。
わたし達が潜ったときだけ、激流でした。それでも、一番遠い根の先端まで行ってきましたけど・・・
途中、ワラサの群れが回ってきました。
「ソウシカエルアンコウ」は、いつもの縦穴の奥に鎮座されておられました。
二本目は、「白崎」でウミウシ探しです。
水温の上昇で海藻もほとんど枯れていて、それを食べている伊豆のウミウシは、少なくなっていました。
ニシキウミウシ:2011.08.28.田子
それでも、繁殖力の強い「ニシキウミウシ」は、居てくれました。よかったぁ~。
サイズ的に、大人になるちょっと前の個体だと思います。
紫色の縁取りの内側を見てください。キャラメル色の部分が広いですよね。クリックすると大きな画像が見られますので、見てみてください。
成体になると、オレンジ色の部分が全体を占めてきます。下の画像と較べて見てみてください。
ニシキウミウシ
子供の頃は、まったく違う色をしています。成体でも、個体差が結構あります。
ウミウシ図鑑.com
珍しいウミウシではありませんが、奥が深いウミウシです。大きな個体には、たまに、隠れエビがついていることもあります。ウミウシ好き&エビカニ好きな私には、もう、たまりません・・・
他に、「ハナオトメウミウシ」の子供もいました。フラッシュが強すぎてうまく撮れませんでしたが、子供の頃は、身体全体が白いんですね・・・水色の目の色が印象的です。
ハナオトメウミウシ:子供
大人になると、グレーのシミのような模様が浮き出てきます↓
ハナオトメウミウシ
大型のウミウシです。10㎝以上になります。
あと、お客様が「リュウモンイロウミウシ」を撮っておられました。
おまけ?画像で、クマノミのおちびちゃんで癒されてください。
クマノミ001


08月27(土)は、海洋公園を潜っていました。
2011.08.27(土)海洋公園ツアースナップ
どちらもベテランのゲストさんなので、一本目は上級者向けのポイント「ブリマチ」に行ってきました。
深場から澄んだ潮が湧き上がってきていて、水温はなんと18℃!浅場は24℃だったので、もうびっくりでした。ただ、透明度は軽く30Mは抜けていましたね~、遠く、深いポイントなので、初心者の方は無理です。わたし達以外では、1グループしか見かけませんでした。スキルの低いダイバーは行けないポイントなので、水中環境を荒らされません。ソフトコーラルが生き生きとしています。深場にしかいない魚を観察できるエリアです。一度潜ると、病みつきになりますよ・・・
二本目はのんびり、1番の根をぐるっと回ってきました。
一番の根の先端、-30M位のところにある「ムチカラマツ」に、「ビシャモンエビ」がついています。
ゲストさんの撮られた画像です。コンデジなのに、うまく撮れていますね~、才能あるなぁ~
ビシャモンエビ
二匹いるの、わかりますか?クリックして、大きい画像で見てみてください。
極小サイズが、あと2匹、実はついています。是非、見に来てください^。^
これを撮るだけで、1ダイブ楽しめますよ。(わたしだけかな)



























スポンサーサイト

| ツアーログ | 07:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |