FC2ブログ

シュプールダイビングクラブのブログ

開催させて頂いたダイビングツアーのログを書いていきます

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011年06月25(土)田子ツアー、26(日)大瀬崎AD講習

絞殺し?:オオアカヒトデVSニシキウミウシ
オオアカヒトデ
オオアカヒトデは、伊豆半島では一番大きいヒトデの仲間です。
手?の、端から端までは50㎝~60㎝位の巨大なヒトデです。その一本の腕で、ニシキウミウシを押さえこんでいますね。拡大すると、
オオアカヒトデ2
このあと、どうなるのでしょうか?
ヒトデがウミウシを食べるのでしょうか?あんまり聞いたことがありません・・・
ウミウシを食べるウミウシや、ヒトデを食べるほら貝とかは、知っていますが・・・
知っている方 教えてください。このシーンは田子の弁天島で撮影しました。
この日は、台風のうねりが入り始めていて、結構、揺れが強くなってきていました。
もちろん、外海はクローズでした。
他に、この弁天島で撮った生物は、「ジボガウミウシ」です。
普通種なのですが(けど、見られない時は全然見られませんが)、海の中で出会うと、本当に綺麗です。
体色が純白なので、暗い海の中では、ひときは目立ちますね。
ジボガウミウシ

もう一本は、マイ ホットスポット ナウな「白崎」です。
内海の白崎も、うねりの影響か、透明度はイマイチでしたが、-30Mまで行けばクリアーでしたよ。内海なのに、まだ深く行けますよ。変な所です。そんな変な所だから、生物がふきだまるのか・・・
深場では、田子のログでは毎回登場の「セトリュウグウウミウシ」を、しつこく パチリ。ちょっと違ったアングルで、
セトリュウグウウミウシ20110625-田子
ウルトラマンシリーズで、こんな顔の怪獣、いましたよね・・・エレキングじゃない、なんだっけなぁ・・・

渋く、ハゼはどうでしょうか?すいません、ピントがあっていませんが・・・「ホシハゼ」です。
ホシハゼ

婚姻色で、身体全体に、青い斑点が鮮やかになっていましたね。

白崎には、枝サンゴの群落があります。
枝サンゴ
透明度が悪かったんで、今回はこんなもんですいません。
透明度が良い時、ワイドレンズで撮ってきますね・・・

日曜日は、アドバンス講習で大瀬崎に行ってきました。
ので、水中の写真はありません。
が、海の中で「スズキ」を5~6匹見ました。スズキですよ!
普段は、汽水域(川と海が交じり合う水域)にいる魚です。産卵のために、海に戻ってきたのでしょうか?
場所は、ちどりマリンサービス横の浮き桟橋の下です。
70㎝位の大物でした。とげとげしく迫力があり、威圧感があるように感じましたね。
2011.06.26:大瀬崎AD講習
箱根の向こう側は、どんよりした曇りの一日のようでしたが、こちらの西伊豆のほうは、ご覧のように良いお天気でした。台風のうねりが湾内にもきていて、波長の長い強いうねりがありました。
水温は22℃前後、もう伊豆半島の夏の水温になってきました。















スポンサーサイト



| ツアーログ | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT